高炉は、鉄鉱石を溶かし、銑鉄を生産する施設です。1901(明治34)年、この地で操業を開始した東田第一高炉は、高さ30m、容積493.9㎥、公称能力160トンで、建設にはドイツの技術が使われていました。最盛期、八幡地区には10基の高炉が建設されました。
 現在見ることができる高炉は、第10次改修高炉であり、公称能力900トンを誇る日本最初の高圧高炉として建設されました。1962(昭和37)年8月の火入れから1972(昭和47)年1月の吹き卸しまで操業し、今日の超高圧高炉時代の先鞭をつけた高炉です。
 銑鉄生産の中心を担った東田第一高炉も、生産拠点が戸畑地区へ移転したことなどによりその役目を終え、一時は老朽化により解体の危機に直面しましたが、保存を求める市民運動により、現在は北九州市の史跡として文化財に指定されています。
 東田第一高炉史跡広場では、日本初の鉄鋼一貫製鐵発祥の地・北九州を象徴する八幡製鉄所の第一高炉をモニュメントとして保存しています。高炉の炉前作業を再現した様子や、高炉の中を見学することができ、高炉での「鉄」造りを学習することができます。

東田第一高炉史跡広場
住所

福岡県北九州市八幡東区東田2-3-12

お問い合わせ

電話番号:093-582-2391(北九州市文化企画課)

開館時間

9:00~17:00

休館日

年末年始

料金

無料

アクセス
JRをご利用の方

鹿児島本線『スペースワールド駅』下車、徒歩約5分

車をご利用の方

北九州都市高速『東田出入口』より車で約2分
北九州都市高速『枝光出入口』より車で約3分

バスをご利用の方

西鉄バス『いのちのたび博物館』バス停下車、徒歩約5分
西鉄バス『八幡東区役所下』または『中央二丁目』バス停下車、 徒歩約10分

駐車場

駐車場(東田博物館ゾーン共同駐車場)
 [大型車]30台収容
 30分/250円(4時間以上は一律2,000円)
 [普通車]300台収容
 30分/100円(4時間以上は一律800円)

東田第一高炉跡のご案内

周辺スポット

  • 福智山

    北九州市、直方市、福智町にまたがる標高901mもある、北九州国定公園福智山系の最高峰。360度見渡せる山頂…

    北九州市 見る・遊ぶ
  • 常盤橋

    小倉の中心部を流れる紫川の橋には、1本だけ昔懐かしい雰囲気の木の橋が架かっている。「常盤橋」は江戸時…

    小倉北区 見る・遊ぶ
  • 汐入の里(しおいりのさと)物産館

    海がすぐ目の前という絶好のロケーションに位置する「汐入の里 物産館」。午前10時の開店前には平日でも2…

    若松区 買う
  • 北九州市立文学館

    北九州のゆかりの文学者の資料と北九州文芸のあゆみを展示。自分史ギャラリーや文芸グループの交流室など…

    小倉北区 見る・遊ぶ